So-net無料ブログ作成
検索選択

衆院選違憲判決で双方上告=大阪(時事通信)

 昨年8月の衆院選小選挙区で、1票の格差が2倍を超える状態だったのに、放置したのは違憲とした大阪高裁判決について、大阪府選挙管理委員会は8日、これを不服として上告した。原告側住民も、選挙無効の請求が棄却されたことから同日、上告した。
 同衆院選での1票の格差は最大2.30倍だった。大阪高裁は先月28日、1994年に導入された小選挙区比例代表並立制導入以降、初めて衆院選を違憲とする判決を言い渡したが、選挙無効の請求は棄却した。 

【関連ニュース
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

m4zxqsnaのブログ
サモア語は意外と簡単!?
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。