So-net無料ブログ作成
検索選択

まず姿勢を低く、頭保護=大地震時、火の始末は次に―避難行動で報告書・文科省(時事通信)

 「グラッときたら火の始末」や「丈夫な家具に身を寄せる」といった従来の地震時の心得は、震度6弱以上の大地震発生時には不適切として、まず姿勢を低くして頭を守ることを勧める報告書を、文部科学省の防災分野研究開発委員会が31日まとめた。教育委員会や自治体を通じ、学校や一般家庭に周知を図るほか、同省のホームページでも広報する。
 報告書の作業部会主査の田中淳東京大総合防災情報研究センター長は「阪神・淡路大震災の教えは、(大きな揺れで)動くこと自体できないということだった。適切な行動は状況に応じて変わる。選択肢を示して判断してもらうことが重要」と説明した。
 報告書は、震度5強以下で耐震性が低い建物にいる場合は外に逃げた方がよいが、6弱以上の場合は無理に動かず、まず頭を守るよう提言。揺れが収まったら、(1)火を消す(2)余震に備えドアを開ける(3)靴を履く(4)電気のブレーカーを落とす(5)屋外の安全な場所に避難する―ことを勧めた。 

【関連ニュース
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕中国青海省地震
原発運転差し止め認めず=島根1、2号機
沖縄・大東島で震度4
住友不、耐震工事申請書類420件分改ざん=補助金返還命令へ

暴力団排除にデータベース 日証協検討(産経新聞)
未明の池袋繁華街、解体工事現場で発砲2発(読売新聞)
小沢氏、超ゴキゲン!68歳の誕生日(スポーツ報知)
<ポルノ>ネット上に掲載した男14人一斉逮捕 8都府県警(毎日新聞)
[リコール制度見直し]前原国交相、技術検証部の体制に「心許ない」(レスポンス)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。